かたくりこのブログ

食材の片栗粉についてお探しの方は別のサイトへ移動をお願いします。

2019/05/15 お知らせの内容が古くなってきたので一から書き直しました。

ネットマナー等、善意に任せてきましたが、周りでもいろいろと問題が起こっていて私にも実際に問題が降りかかりましたのでやむを得ずということです。ご理解下さい。

・動画をYoutubeやその他の動画投稿サイト(ニコニコ動画含む)にアップロード(転載)しないで下さい。
* Do not upload my MAD movie to YouTube or other video-sharing website.

Youtubeに動画が転載されているのを見かけたら、お手数ですがご連絡頂けると助かります。

・ニコニコ動画以外への動画投稿はおこなっていません。動画の投稿はすべて「かたくりこ」名義です。他の名義を使用することはありません。

・ニコニコ動画に投稿した動画の一部に、コミュニティ限定のものがあります。コミュニティに登録(無料)してからご覧下さい。登録方法私のコミュニティ(かたくりこのコミュニティ)に入会する方法の一例(2019/03版) : かたくりこのブログ

・私が作った動画・絵・文などを、さも自分が作ったかのように扱うのは誤解の元となります(なりすまし含む)。おやめ下さい。

・私「かたくりこ」は一人です。協力者も共同制作者もいません。私と名乗る(騙る)人物が現れ、不審に思った場合はお手数ですがその旨お問い合わせ下さい。

・私が投降したMAD動画が正当な権利者の申請によって削除された場合、悪いのは私です。権利者に対する誹謗、中傷はおやめ下さい。

・MAD動画は「削除されるまでの間楽しむもの」というスタンスです。削除された動画であっても転載はおやめ下さい。

その他、お願い

・私にメールその他で連絡をされる方はハンドルネームで構いませんので名前を名乗って下さい。

・動画の作り方・絵の描き方についてのご質問はご遠慮下さい。

・こういう動画を作ってほしい!というリクエストはお受けしていません。

よろしくお願い致します。

2019/05/18 誤字修正、補足追加

【フェアリーゴーン】手描きCM【勝手に応援】


ブログに感想を書きたいがためだけに、この動画を2日間で作りました。



二期の中盤辺りから観始めた新参ですが、フェアリー・ゴーンは超おもしれーよ! ただ人を選ぶアニメです。現在、最新話の21話まで視聴済。あと3話で終わりかな? 以下現時点でのネタばれなしの感想です。

■はじめに
アニメでこんな経験をしたことはないでしょうか?

「子供の頃は話はよくわからずに観ていたアニメを、大きくなってから改めて観たら『こういう話だったのかー!』と気づいた」こういうこと、ないですかね?

私に取ってこれに該当するのが、超絶古いですが「聖戦士ダンバイン」というアニメです。子供の頃は、ロボットが出てきて戦う場面に惹かれて観ていましたが、お話しは全然理解できず正直退屈でした。今から数年前、Amazonプライムに登録されているのを見かけて一話から見直し「あーこういう話だったんだー」ととても心を揺さぶられました。めちゃくちゃ楽しめました。

ダンバインを簡単に説明すると「現代世界とは違う”バイストン・ウェル”という世界で戦争が繰り広げられており、兵器として、オーラの力で動くロボット「オーラバトラー」のパイロット(聖戦士)として現代世界から召喚された主人公とその仲間たちのお話し」です。それまでのロボットアニメ(コンバトラーVやマジンガーZなど)とは違い、人同士の駆け引きや、仲間の裏切り、戦術、政治などに重点を置いたお話しで、子供であった私にはちんぷんかんぷんでした。これは制作サイトが悪いわけではなく、単に私がまだダンバインを観る年齢に達していなかっただけなのだと思います。制作サイトが想定していた視聴者はもう少し成熟した世代(おそらく十代後半とかその辺り)だったのでしょう。

こんな感じで、観るときの年齢やそれまでの経験によって「難しい話はいいから早く戦闘シーン映してよ」と退屈に感じたり、「え、こいつ寝返ったの! まじかよ! なにこの激アツ展開!」と心躍らせたりと受け取り方が変わる、そんなアニメが一本ぐらいはないでしょうか。

「そんな経験ないよ」という方は「子供の頃に観ていた仮面ライダーやプリキュア」辺りを思い出してみて下さい。改めて見直してみるとお話しも理解できるようになっていないでしょうか?(ライダーやプリキュアは、毎回必ず変身して敵をやっつけるなど、飽きさせない工夫がされているので適当な例ではないかもしれないですが) 別の例だと、子供の頃、両親が観ていたNHK特集とかね。


■大人向けアニメの「フェアリーゴーン」
で、ようやく本作「フェアリーゴーン」です。

フェアリーゴーンも観るときの年齢やそれまでの経験によって受け取り方が大きく変わるアニメだと感じました。

単に「フェアリーを使って戦うバトルもの(ダンバインで言う、ロボットに乗って戦うバトルもの)」として本作を観ると、退屈に映るかもしれません。これは制作サイトが悪いわけでも、また視聴者が悪いわけでもなく、制作サイトが想定した視聴者像と実際の視聴者が違ってしまっているというだけの話なのだと思います。タイトルにフェアリーと入っているので、期待するなという方が無理かもしれないけど(笑)。

フェアリーゴーンの面白さは、人同士の駆け引きや、仲間の裏切り、戦術・政治などなどにあります。これらを楽しめる人にとっては間違いなく、文句なく超絶おすすめなアニメです。冒頭で「人を選ぶアニメ」と言ったのはこういう意味です。

(少ないと思いますが)ダンバインを話を理解して楽しめた方であれば、フェアリーゴーンは文句なくおすすめ! 絶対損はさせない! 逆にフェアリーゴーンおもしれー! という方には、是非ともダンバインを観てもらいたい! 絶対楽しめるから! ダンバインは全49話と長いけどね!(笑)

逆に、フェアリーゴーンは合わなかったなーという方は、何年かあと(場合によっては十年、二十年)になってもう一度観てもらいたいなって思います。「あー こういう話だったんだー」と違った受け取り方がきっとできるんじゃないかな。


■注意点というか難点
フェアリーゴーンの難点は、一話でも見逃すと話が全くわからなくなってしまうことかな(笑)。あと土地の名前が覚えにくいことと、一期では年代がバンバン飛びまくるので混乱することです。年代はとりあえず「495年大戦終結」だけ覚えておけば、あとはその何年前・何年後なのかでなんとか把握できます。


■おわりに
物語は大詰め、あと3話かな? いやほんとどんな結末を迎えるのか今から楽しみです!

katakurikop20191118_0001


タイトルの通り、東京の大泉にある東映アニメーションミュージアムに行ってきました。なかなか東京に行く機会がなくて行けなかったんですがようやく行くことができました。

katakurikop20191118_0002


平日のお昼過ぎということで超空いててゆっくりと観てまわれました。プリキュア関連では親子連れから隠れるように気配を消しているのですが、今回は人少なすぎで気配消せず(笑)。しかも北海道仕様の超厚着だったんでスタッフさんはさぞかし怪しんだと思います。

スタプリは劇場版中心でした。コスモ以外の四人の変身コンテと動画もあってテンション上がりました! あと、劇場版関係者の肉筆(たぶん)ミニ色紙もありました。少し前に話題になった白蛇伝もじっくり観てきました。

特に買うものはないかなー なんて思いながらショップに入ったら「東映アニメーションと同じ仕様の絵コンテが描かれたノート」なるものを発見! 卑怯だぞ! 東映アニメーション! こんなん買うしかないだろう(笑)。

katakurikop20191118_0003


あと記念メダルがあったので、お気に入りのキュアソレイユと、次点のセレーネが一緒になった奴を購入しました。

受付の方々、スタッフの方々、ショップの方々みんなとても丁寧に対応してくれました。とても楽しめました。また機会があったら行きたいね。

【戦姫絶唱シンフォギアXV】手描き【ネタばれ注意 対シェム・ハ最終戦】


ネタばれ注意です! シンフォギアXVを観ていない方は是非とも全話視聴後にこの動画をご覧下さい。

あのワクワクをもう一度! ってことで手描きしてみました。10月中には完成させられるかなーって思ってたんですが、意外と手こずりました。

【第8回ANIMAAAD祭】動画投稿イベントのお知らせ:エッティルのブロマガ - ブロマガ

https://ch.nicovideo.jp/ettirgam2/blomaga/ar1800101

またまやってまいりました! ANIMAAAD祭が開催されるそうですよ。

ANIMAAAD祭は、エッティル氏主催のタグロックイベントで、作ったアニメMAD動画を見せ合おうというお祭りです。っていうかこのブログではもう説明不要ですね(笑)。

katakurikop20191028_0824

業務連絡です。

2019年度に入って、niconico運営がニコニコ周りの見直しを行っているようです。その一環としてコミュニティへの比重を落としているように感じています(ニコ動とニコ生にリソースを集中させるようとしているっぽい)。

今後は今まで以上に、コミュニティ限定動画に辿り着けない視聴者が増えるだろうと判断しまして、動画の一部を通常の動画として上げ直すことにしました。具体的には「手描きOP」「手描きED」「手描き変身」を上げ直します。これらはコミュニティに登録しなくても視聴可能です。

2015年ぐらいからコメントの質が明らかに低下し、動画が荒れることが多くなったため、やむなくコミュニティ限定動画に切り替えましたが、最近はコメントは概ね落ち着いたように感じています。もう大丈夫だろうという判断です。

動画は近日中に古い順に上げ直していく予定です。少しお待ち下さい。

以上、業務連絡でした。

シンフォギアありがとー!

北海道ではTOKYO MX系列放送してないんで、6日遅れとなりましたが、ニコ動で最終話をたった今観てきました! シンフォギアはやっぱり最後まで(*1)シンフォギアだった! いやもう楽しかったね! *1 テレビシリーズは本作で最後。

以下、ネタばれありなんで注意!

前後しちゃうけど先に最終話の感想。
いやギリギリで最後のシンフォギア奏者が間に合いました! 予想通りというかなんというか未来さんが駆けつけて7人全員での絶唱で幕を閉じました。シェムハさん、最後の最後で折れましたね(笑)。キャロルちゃんもまた予想通り退場となってしまいました。戦闘スタイルが思い出の償却である以上、どこかでガス欠になるのは目に見えていましたし。

で、全体を通しての感想。

今回の敵はノーブルレッドの三人だったわけだけど、今までとはだいぶん趣向が違ってて、戦う理由が極個人的な理由なのねー 裏にいるのも風鳴のじいさんだけだし。らしくないなーと不思議に思ってたら「我、シェムハ!」のラスボス、シェムハさんが控えていました。シェムハさんよりも、器たる未来さん(や、その中の人)の方が響をやっつけられそうだけどね!(笑)。

ノーブルレッドの三人は幸(さち)薄くてなんだかいたたまれなくなってしまいました。ほら、前作のサンジェルマン達が最高の見せ場で退場したからさ、ヴァネッサさん達ノーブルレッドもなにかあるのかなーと期待していたんだけど。

過去作といえば、キャロルとオートスコアラーの四人! うおっ! まじかよ! 復活しやがったよ! キャロルはもしかしたらーっていうのはあったけど、ガリィ達オートスコアラーまで! うひょー! うれしー! ありがとー! 壊れかけで不完全な状態での復活だったのが悔やまれます。完全状態ならさぞかし強かったと思われ。GXでは散々苦しめられたからね。エルフナインちゃんとキャロルのやりとりも嬉しかったね! GXでこの二人が会話するシーンってほとんどなかったはず。エルフナインちゃんはかわいいねー

メインの面々に目を移すと、今回一番成長が感じられたのが、個人的に意外にもマリアさん! ずっと豆腐メンタルな彼女でしたが今回は安定してみんなをまとめていたと感じました。メインに限らず全キャラの中でも最も優遇されたのではないでしょうか(全然関係ないけど、マリアさんの今回のアガートラーム、腰周りというか腰から尻・太ももにかけてやけにえっちくなかったですか?)。前半は調と切歌、中盤は翼、終盤は響(と未来)よりなお話しでしたが、常にマリアさんが一緒にいた印象があります(そういやクリス絡みの話ってなかったような?)。そんなこんなで私的にXVでマリアさん株が急上昇しました。

まとめ。
楽しかった。楽しかった! 無印からXVまで全部楽しませてもらいました! 楽しかった!

そんなわけでもう一回!

全関係者のみなみなさまっ! ありがとー!

つぎは劇場版だよね!(あるのか?)

【マリア・カデンツァヴナ・イヴ】手描き変身【戦姫絶唱シンフォギアXV】


マリアさんの変身です。動画投稿文にも書いた通り、私の中のマリアさん株がググッと上昇しました。

あなたが選ぶ1本!大投票大会|映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて
https://www.precure-movie.com/cp/

なにやらプリキュア公式で投票が始まりました。劇場版プリキュアで一本選んで投票してねという趣旨です。ご存じの方はご存じの通り、私はなにか投票して順位を決めるというのは好きではないので、これには投票はしませんが、私の一本を紹介します。

「どうせおまえのことだから、ゴープリかマックスハート1、2のどっちかだろ?」と思われるかもしれませんが、残念、違います。劇場版プリキュアから一本選ぶならこれです!

映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?
http://www.toei-anim.co.jp/movie/2009_fresh_precure/index.html

もし自分に娘がいて一本だけプリキュア映画を観せるとなったらこの劇場版フレプリ選びます。秋映画のプリキュアは「絶対的な悪と戦うプリキュア」が基本です。場合によっては「悪に騙されたヒロインの復活劇」が加わることもあります。唯一の例外がこの劇場版フレプリです。

ネタばれなしで説明すると、ピーチ達プリキュアはトイマジンと呼ばれる敵とその仲間達と戦うことになりますが、トイマジン達にも戦う理由があります。世界を我が手にとか全てを闇で覆い尽くすとかそういった私利私欲のためではありません。子供達に伝えたいことの必要にして充分な内容が詰め込まれていて、さらに笑いあり、ドキドキあり、ちょっぴり涙もあるかもな話ありです。プリキュア達がピンチのときはミラクルライトでしっかり応援できて、お話の落としどころも文句なしです。

まだ観ていないおともだちは是非とも観てみてみよう!

以上、劇場版プリキュア、わたしが選ぶ1本でした。

このページのトップヘ