まずは……

TV版リトルウィッチアカデミア、面白かったー!

関係したすべての人にありがとー! かんしゃー!

最終話を観終えました! これはもう続編を作るしかないでしょ! 事実上、1月から3月が一期、4月から6月が二期と考えると、三期かな? 三期ですよね? 劇場版もほしいよね!(もうあるけど) シャリオのショーをペッパーズゴーストで再現するっていうのはどうかな? いや、やっぱりアニメか! いやこれは作られるでしょ! 俺は信じてるぞ! 信じる心があなたの魔法ってシャリオも言ってたし!(そういう意味じゃねー)

もうね、最終話観終わった直後で、どうにもこうにもまとめられないのよっ! そんなわけで考察はほかの方に任せて、制作陣が視聴者に伝えたかったであろうことに的を絞ります。

「制作陣はリトルウィッチアカデミアを大切にしていて、リトルウィッチアカデミアを観ている我々視聴者も同様に大切にしてくれている」

これです! テレビ版(テレビ版に限らないけど)全話を通して、お風呂シーンとか、スカートがはだけるとか、水濡れとかが一切、一フレームもない(俺確認)、言い換えると性的要素がないということです。唯一、クロア先生と戦闘服シャリオが若干アダルトな服を着ていますが、おっぱいやお尻にズームアップなどは行われませんでした。最近のアニメではおっぱいズームは当たり前のようにあり、温泉回・水着回もだいたい用意されています。これらのやり方は駄目ではないです。短期で収益を上げる方法としては有効だと思うのですが、数が多すぎて正直食傷気味です。加えて、子供には見せられないですし。

リトルウィッチアカデミアには今までの積み重ねがあるので、奇抜な手を打つ必要がないというのもありますが、これを差し引いても性的要素なしは好感が持てます。これだけじゃないけど、これ一つとっても、大切にされているんだろうなーって感じました。個人的には学校制服のブーツ(ふくらはぎ)に欲情していましたが、これは私の性癖がねじ曲がっているからなだけです(だいなし)。

本題の感想を。

(便宜上の)一期と違って、一話完結ではなくなり毎週やきもきさせられました。終盤まで「どうしてシャリオが人前から姿を消したのか」「どうしてアーシュラになったのか」謎でしたが、まったく予想していなかった回答に驚かされました。王道なんて言ってごめんなさい。いや、シャリオってもっと芯のしっかりとした強い女性な印象を持っていたんで。思ったよりも純朴でもろい子だったのね。

白状するけど、中盤まであまり注目してなかったダイアナが、終盤にかけて俺の中で爆上げ急上昇でした。成長し続けるアッコに対して、ダイアナのしょんぼりが続き、20話で駄目押しされました(笑) 周りの期待に応えるためだけに魔法界の上を目指している子なのかと思っていたけど、どうしてどうして、彼女なりの考えがしっかりあったのね。こういう自分で決めた目標に向かって全力で突き進む子、好きよ。ほんと彼女には幸せになってもらいたい。できればハンナ・バーバラとは一歩踏み込んで友達になってもらいたいなー

そんなわけで続編アニメを首を長くして待つことにします。またクラウドファンディングがあれば、今度は微力ながら参加するんでいつでも呼んでください! いや、金以外でも手伝えることがあれば参加するよ! 魔法は使えないけどね!(笑)

以上、最終話を観おわった興奮のまま一気に書き殴った、速報版の感想でしたー 真面目な感想は書くかもしれないし、書かないかもしれない(えー)。

\どっきどきーの/ \わっくわくぅー!/