【Reステージ! ドリームデイズ♪】手描きOP


久しぶりに心を揺さぶられたアニメでした。よくぞ1クールでここまできれいにまとめた! すばらしい! とてもいいアニメなので、たくさんの人に観てもらいたい! 特に女子小学生に観てもらいたい、そんなアニメでした。

アイドルアニメものはほとんど観ないのですが、放送終了後、偶然このアニメの評価が高いことを知り、試しにと観てみました。なるほど、確かに納得の高評価! 以下、自分的感想。


中学生が参加できる、アイドル登竜門「プリズムステージ」に出場して優勝するという夢(目標)があり、夢に向かって一直線が気持ちいい。

仲間内のギスギスとか、ライバルキャラからの嫌がらせとか、芸能回の裏側とかいう裏面の話はなし。アイドルの表の世界を、光の部分だけをひたすら丁寧に作り込んである。

全体の三分の一にあたる4話も使って「KiRaRe(キラリ)のメンバーがどういう人となりなのか」をひたすら視聴者に伝えている。だからこそ視聴者はメンバー6人の一人一人に思い入れができる。応援したくなる。

メンバー紹介に多くの時間を割いた関係上、プリズムステージに優勝するという話に必要のない要素をぎりぎりまで削ってある。アイドル物のド定番、合宿回とか水着回とか全部ぶん投げてある。メンバーが揃った後、チーム名と曲を決めたらもうプリズムステージ東京地区予選当日というスピード展開(笑)。もう1クールほしかったね!

アイドルの適正を数値化するメカとか、一度声を聴いただけで、ココパンナの声の人を一発で言い当てるとか、生徒会への書類を数秒でねつ造したりと、ご都合主義なところがあって、非現実的な展開もあるけど、面白いからいっかな(笑)。

本編とは関係ないけど、歌っているときのダンスの多くが手描きで好感度大。おそらくだけど、後半、顔(というか目)が気持ちキラキラした感じになるときがある。これがCGによるダンスじゃないかなって勝手に思ってる。

こんな感じです。

動画ですが、放送終了後ということもあって、本編ネタをできるだけ取り込んでみました。作ってて楽しかったです。