かたくりこのブログ

食材の片栗粉についてお探しの方は別のサイトへ移動をお願いします。

カテゴリ:ニコニコ動画

【Reステージ! ドリームデイズ♪】手描きOP


久しぶりに心を揺さぶられたアニメでした。よくぞ1クールでここまできれいにまとめた! すばらしい! とてもいいアニメなので、たくさんの人に観てもらいたい! 特に女子小学生に観てもらいたい、そんなアニメでした。

アイドルアニメものはほとんど観ないのですが、放送終了後、偶然このアニメの評価が高いことを知り、試しにと観てみました。なるほど、確かに納得の高評価! 以下、自分的感想。


中学生が参加できる、アイドル登竜門「プリズムステージ」に出場して優勝するという夢(目標)があり、夢に向かって一直線が気持ちいい。

仲間内のギスギスとか、ライバルキャラからの嫌がらせとか、芸能回の裏側とかいう裏面の話はなし。アイドルの表の世界を、光の部分だけをひたすら丁寧に作り込んである。

全体の三分の一にあたる4話も使って「KiRaRe(キラリ)のメンバーがどういう人となりなのか」をひたすら視聴者に伝えている。だからこそ視聴者はメンバー6人の一人一人に思い入れができる。応援したくなる。

メンバー紹介に多くの時間を割いた関係上、プリズムステージに優勝するという話に必要のない要素をぎりぎりまで削ってある。アイドル物のド定番、合宿回とか水着回とか全部ぶん投げてある。メンバーが揃った後、チーム名と曲を決めたらもうプリズムステージ東京地区予選当日というスピード展開(笑)。もう1クールほしかったね!

アイドルの適正を数値化するメカとか、一度声を聴いただけで、ココパンナの声の人を一発で言い当てるとか、生徒会への書類を数秒でねつ造したりと、ご都合主義なところがあって、非現実的な展開もあるけど、面白いからいっかな(笑)。

本編とは関係ないけど、歌っているときのダンスの多くが手描きで好感度大。おそらくだけど、後半、顔(というか目)が気持ちキラキラした感じになるときがある。これがCGによるダンスじゃないかなって勝手に思ってる。

こんな感じです。

動画ですが、放送終了後ということもあって、本編ネタをできるだけ取り込んでみました。作ってて楽しかったです。

【世界征服~謀略のズヴィズダー~】手描きOP【2020年年始動画2/2】


話はさかのぼって2019年の秋、シンフォギアXVが無事最終回を迎えた頃。「あー エルフナインちゃんかわいいねー」なんて思いながら、ネットでエルフナインの画像を漁っていたら、音声を担当している久野美咲のニコ生動画(のサムネイル)が引っかかりました。

「ん? ず、ずびずだー? なんだこのアニメ? ちょっと気になる」ってことで、ニコ動で一話を観てみました。割と私に合いそうな予感! とビビッときたんで、一気に最終話まで観たという次第です。

中盤までは、正直微妙だったなー とは思ったのですが、終盤、息を吹き返したように盛り上がり、結果としては「うん、おもしろ? おもしろ……かったかな?」ぐらいな感じです。

ホワイトロビンがドジっ子かわいいのがポイントを引き上げてます! 途中からホワイトロビンばっかり目で追っかけてましたw 蓮華ちゃんが変身した姿なんですが、蓮華ちゃんは「あー かわいいですねー」ぐらいな感じです。変身前は見た目と性格が役割がすべて一致してしまっているので「(思った通り、見た目通り)かわいい」ですね。ホワイトロビンのときは華麗に舞う……はずがドジ踏みまくってなんなのこの子! 天然かよ! といった状態です。

あとなんと言っても「ホワイトのロビン時のくびれていないストンとした腰」ね。もう最高! このコスチューム考えた人わかってる! 超わかってる!

オープニングですが観ての通り、なにもしなくてもネタが結構盛り込まれているので、そのまま動画にしました。

【キュアセレーネ】手描き変身【2020年年始動画1/2】


毎年恒例、年始動画一発目です。

ソレイユを作ったんで、セレーネも作りたいなーって思ってたんで。

動画はオリジナルがとっても気持ちよく動いていたので、動きそのものはなにもいじってません。ネタをちょっぴり入れさせてもらいました。

【フェアリーゴーン】手描きOP【第8回ANIMAAAD祭】


もうすっかり恒例となりましたANIMAAAD祭始まりました! またまた参加ですw 今回も力作揃いの中、浮きまくりな動画で参戦です!

フェアリーゴーンに関しては、前回の手描きCMで散々語らせてもらいましたので今回はさらっと。いよいよ最終回を残すのみとなりました。終盤は風呂敷をたたみにきているので、人同士のごたごたはあらかた片付いてあとは神獣をどうすっかですね。個人的には、マーリヤとヴェロニカのその後が気になってます! ってか、ヴェロニカは妖精抱えたままなら、ドロテアに入る以外道はないと思うんだけど。

【フェアリーゴーン】手描きCM【勝手に応援】


ブログに感想を書きたいがためだけに、この動画を2日間で作りました。



二期の中盤辺りから観始めた新参ですが、フェアリー・ゴーンは超おもしれーよ! ただ人を選ぶアニメです。現在、最新話の21話まで視聴済。あと3話で終わりかな? 以下現時点でのネタばれなしの感想です。

■はじめに
アニメでこんな経験をしたことはないでしょうか?

「子供の頃は話はよくわからずに観ていたアニメを、大きくなってから改めて観たら『こういう話だったのかー!』と気づいた」こういうこと、ないですかね?

私に取ってこれに該当するのが、超絶古いですが「聖戦士ダンバイン」というアニメです。子供の頃は、ロボットが出てきて戦う場面に惹かれて観ていましたが、お話しは全然理解できず正直退屈でした。今から数年前、Amazonプライムに登録されているのを見かけて一話から見直し「あーこういう話だったんだー」ととても心を揺さぶられました。めちゃくちゃ楽しめました。

ダンバインを簡単に説明すると「現代世界とは違う”バイストン・ウェル”という世界で戦争が繰り広げられており、兵器として、オーラの力で動くロボット「オーラバトラー」のパイロット(聖戦士)として現代世界から召喚された主人公とその仲間たちのお話し」です。それまでのロボットアニメ(コンバトラーVやマジンガーZなど)とは違い、人同士の駆け引きや、仲間の裏切り、戦術、政治などに重点を置いたお話しで、子供であった私にはちんぷんかんぷんでした。これは制作サイトが悪いわけではなく、単に私がまだダンバインを観る年齢に達していなかっただけなのだと思います。制作サイトが想定していた視聴者はもう少し成熟した世代(おそらく十代後半とかその辺り)だったのでしょう。

こんな感じで、観るときの年齢やそれまでの経験によって「難しい話はいいから早く戦闘シーン映してよ」と退屈に感じたり、「え、こいつ寝返ったの! まじかよ! なにこの激アツ展開!」と心躍らせたりと受け取り方が変わる、そんなアニメが一本ぐらいはないでしょうか。

「そんな経験ないよ」という方は「子供の頃に観ていた仮面ライダーやプリキュア」辺りを思い出してみて下さい。改めて見直してみるとお話しも理解できるようになっていないでしょうか?(ライダーやプリキュアは、毎回必ず変身して敵をやっつけるなど、飽きさせない工夫がされているので適当な例ではないかもしれないですが) 別の例だと、子供の頃、両親が観ていたNHK特集とかね。


■大人向けアニメの「フェアリーゴーン」
で、ようやく本作「フェアリーゴーン」です。

フェアリーゴーンも観るときの年齢やそれまでの経験によって受け取り方が大きく変わるアニメだと感じました。

単に「フェアリーを使って戦うバトルもの(ダンバインで言う、ロボットに乗って戦うバトルもの)」として本作を観ると、退屈に映るかもしれません。これは制作サイトが悪いわけでも、また視聴者が悪いわけでもなく、制作サイトが想定した視聴者像と実際の視聴者が違ってしまっているというだけの話なのだと思います。タイトルにフェアリーと入っているので、期待するなという方が無理かもしれないけど(笑)。

フェアリーゴーンの面白さは、人同士の駆け引きや、仲間の裏切り、戦術・政治などなどにあります。これらを楽しめる人にとっては間違いなく、文句なく超絶おすすめなアニメです。冒頭で「人を選ぶアニメ」と言ったのはこういう意味です。

(少ないと思いますが)ダンバインを話を理解して楽しめた方であれば、フェアリーゴーンは文句なくおすすめ! 絶対損はさせない! 逆にフェアリーゴーンおもしれー! という方には、是非ともダンバインを観てもらいたい! 絶対楽しめるから! ダンバインは全49話と長いけどね!(笑)

逆に、フェアリーゴーンは合わなかったなーという方は、何年かあと(場合によっては十年、二十年)になってもう一度観てもらいたいなって思います。「あー こういう話だったんだー」と違った受け取り方がきっとできるんじゃないかな。


■注意点というか難点
フェアリーゴーンの難点は、一話でも見逃すと話が全くわからなくなってしまうことかな(笑)。あと土地の名前が覚えにくいことと、一期では年代がバンバン飛びまくるので混乱することです。年代はとりあえず「495年大戦終結」だけ覚えておけば、あとはその何年前・何年後なのかでなんとか把握できます。


■おわりに
物語は大詰め、あと3話かな? いやほんとどんな結末を迎えるのか今から楽しみです!

【戦姫絶唱シンフォギアXV】手描き【ネタばれ注意 対シェム・ハ最終戦】


ネタばれ注意です! シンフォギアXVを観ていない方は是非とも全話視聴後にこの動画をご覧下さい。

あのワクワクをもう一度! ってことで手描きしてみました。10月中には完成させられるかなーって思ってたんですが、意外と手こずりました。

【第8回ANIMAAAD祭】動画投稿イベントのお知らせ:エッティルのブロマガ - ブロマガ

https://ch.nicovideo.jp/ettirgam2/blomaga/ar1800101

またまやってまいりました! ANIMAAAD祭が開催されるそうですよ。

ANIMAAAD祭は、エッティル氏主催のタグロックイベントで、作ったアニメMAD動画を見せ合おうというお祭りです。っていうかこのブログではもう説明不要ですね(笑)。

katakurikop20191028_0824

業務連絡です。

2019年度に入って、niconico運営がニコニコ周りの見直しを行っているようです。その一環としてコミュニティへの比重を落としているように感じています(ニコ動とニコ生にリソースを集中させるようとしているっぽい)。

今後は今まで以上に、コミュニティ限定動画に辿り着けない視聴者が増えるだろうと判断しまして、動画の一部を通常の動画として上げ直すことにしました。具体的には「手描きOP」「手描きED」「手描き変身」を上げ直します。これらはコミュニティに登録しなくても視聴可能です。

2015年ぐらいからコメントの質が明らかに低下し、動画が荒れることが多くなったため、やむなくコミュニティ限定動画に切り替えましたが、最近はコメントは概ね落ち着いたように感じています。もう大丈夫だろうという判断です。

動画は近日中に古い順に上げ直していく予定です。少しお待ち下さい。

以上、業務連絡でした。

【マリア・カデンツァヴナ・イヴ】手描き変身【戦姫絶唱シンフォギアXV】


マリアさんの変身です。動画投稿文にも書いた通り、私の中のマリアさん株がググッと上昇しました。

このページのトップヘ